【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

甲状腺がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • 治療
  • 専門医師
  • faq

甲状腺とは

甲状腺は蝶ネクタイのように左右に広がった形をした小さな臓器でのど仏のやや下の方にあり、甲状腺ホルモンを作り出す大切な役割を持っています。

ただし、正常の甲状腺は柔らかいので外から触れても分かりません。

 

甲状腺がんとは

甲状腺がんは年間8000人ほどが罹りますが、女性に多く男性の約3倍の頻度となります。年令的には20才代からお年寄りまで幅広い年齢層に見られます。最近では放射線被爆による小児の甲状腺がんの増加が懸念されています。
この甲状腺がんには、進行が遅く治りやすい分化がん、急激に進行して予後の悪い未分化がん、さらに遺伝性の要素のある髄様がんと大きく3つのタイプに分かれますが、分化がんが約95%と圧倒的に多いので、このがんに絞って解説を進めます。

症状

初期にはほとんど無症状で、乳がん検診や人間ドックなどで偶然見つかることが多いようです。しかしある程度進行すると塊として触れたり目につくようになってきます。特にこの腫瘍は唾を飲み込んだ時にのどと共に上下に動くことが特徴的です。また甲状腺の裏側には声帯を動かす神経が走行しており、がんによって神経が麻痺するとて声帯が動かなくなり声がれが起こってきます。これが最初の症状となることもあります。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.