【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

胃がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

ステージ分類

胃がんのステージ(病期)分類は、胃がんが胃の壁のどの深さまで進んでいるか(T、深達度)、またどこのリンパ節まで転移しているか(N、リンパ節転移の広がり)を目安として、総合的に決めています。
胃がんの病期はⅠA、ⅠB、ⅡA、ⅡB、ⅢA、ⅢB、ⅢC、Ⅳの8つに分かれています(表参照)。IAが最も早期の胃がん、Ⅳが最も進んだ胃がんです。早期胃がんは、ほとんどがⅠAとⅠBに含まれます。ステージⅠAとⅠBは、治る可能性がきわめて高い病期です。なかでもIAであれば、手術ではなく内視鏡による治療でも治る場合があります。ⅡA、ⅡBは中くらいに進んだ胃がんで、手術により治る可能性の高い病期です。ⅢAとⅢBとⅢCは、進行はしているがまだ手術により治る可能性のある病期です。ⅢAのほうがⅢBより、ⅢBのほうがⅢCより、助かる可能性は高いといえます。Ⅳは、胃がんが進行して遠くの臓器に転移した状態で、現在の医学では完全に治すことが難しい病期です。

ステージ分類

胃壁構造/胃壁進達度


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.