【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

胃がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

概要(治療の現状と今後の方向性)

がん疾患名

胃がん

主診療科

消化器内科・外科

関係する診療科
<連携診療科>

診療科名

連携内容

目的

腫瘍内科

化学療法

併用によるがん治療

放射線科

診断・治療

併用によるがん治療

病理科

病理診断

病理診断

緩和ケア科

緩和サポート

身体的苦痛・精神的苦痛等のケア

地域医療支援部

在宅医療対応

在宅医療・在宅看護の実施

麻酔科

麻酔

手術時麻酔

関係する
サポート

サポート

連携内容

目的

リハビリ

リハビリ

身体機能の回復に向けたリハビリテーション

臨床心理士

診療サポート

カウンセリングの実施

栄養士

栄養指導

栄養管理指導

薬剤師

医薬品の調剤・情報提供

医薬品の調剤及び指導・相談など

NST

栄養摂取

栄養摂取サポート

内科的治療
現状

当院の消化器内科は千葉県房総半島南部の基幹消化器内科であり、消化器内科医育成機関として、この分野におけるあらゆる疾患(救急疾患・重症疾患・消化器がん及び消化器慢性疾患など)すべてに対応できる体制を整えています。
当院では、現時点における患者さまのがんの進行度に見合った、最適な治療法を判断し、治療を行なっています。治療にあたっては安全性と治療効果を重要視し、患者さまの身体的・経済的負担を少しでも軽減できるよう心がけています。
また、(一般・消化器)外科との連携も密であり、適応手術の決定のために週1回の術前検討会を行っています。消化器内科での診断の結果、外科治療の適応があれば、消化器外科へ依頼する流れとなっています。

今後の展望

内視鏡検査及び治療件数が増加傾向にあるため、合併症・事故のない安全な検査治療体制の確立に力を注いでいきたいと考えています。また、消化器系疾患を持つ患者さまが非常に多い地域ですので、各専門分野別に臨床データベースをまとめて分析し、今後のよりよい医療の提供に役立てたいと考えています。

外科的治療
現状

消化器外科では胃がん治療ガイドラインに準拠して胃がん手術を施行していますが、昨今は75歳以上の患者様が3分の1を超え、そのほとんどが様々な基礎疾患をもっているのが現状です。この中でいかに安全に確実に根治術を施行するかを心がけています。

今後の展望

超高齢化社会の到来により、杓子定規なガイドラインやエビデンスが通用しないのが現状です。今後はますます個々の患者様に即したテーラーメードな外科手術を必要とされ、その努力を重ねていきたいと思います。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.