【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

胃がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

検査・診断

がんの診断から治療まで

がんの診断から治療まで

1.胃がんの状態・腫瘍の深さを確認する検査

胃内視鏡検査

直径約1cm程度のファイバースコープを口から挿入し、直接胃の中の観察を行う検査です 。内視鏡には、小型のCCDカメラや生検用のチャンネルがついているので、画像を写真に記録したり、胃の粘膜の一部を採取することができます。胃がんの診断には、直視による診断が有効になります。当院では粘膜層をよく観察するために洗浄機能を有するポンプを使用し、胃壁を洗浄しながら観察しています。(粘膜等に付着した粘液を取り除いて観察することができます)。NBI拡大観察によりがんの深さや種類、範囲まで診断できるようになりました。そしてがんの確定診断は最終的には生検による病理検査で行ないます。

メリット

病巣部を直接観察することができます。
主病巣の位置や大きさだけでなく、病巣の拡がりや表面の形状、凹凸、色調なども確認できます。

亀田メディカルセンター 検査方法 内視鏡検査 新しいウィンドウで開きます

超音波内視鏡検査

先端から超音波の出る特殊な内視鏡を口から胃の中まで挿入して行う検査です。胃壁の表面を観察する内視鏡検査と異なり、粘膜下の状態を確認することができます。病巣がどのくらいまで深く進展しているか、リンパ節の転移や、周りの臓器への浸潤などについて詳しい情報を得ることができます。その結果により内視鏡治療の対象となるか、外科的手術(切除術)を行なうか決定いたします。

メリット

がんの深達度を確認することができます。

亀田メディカルセンター 検査方法 超音波検査 新しいウィンドウで開きます

胃X線検査

陽性造影剤として硫酸バリウムと陰性造影剤として発泡剤を服用して撮影する二重造影像を行います。

2.胃以外への転移の有無を調べる検査

CT検査

胃がんと疑われた場合、精密検査の一つとしてCT検査を行ないます。リンパ節や肝臓への転移、腹水の有無を調べるために行われます。 造影剤を使う場合と使わない場合があり、造影剤を用いると血管と血管以外の構造物が認識可能なため、病変のオリエンテーション(定位)がはっきりします。検査したい臓器やその周辺をミリ単位の断層写真として観察することができます。CT検査の結果はX線検査や内視鏡検査の結果と総合して病期を的確に判断することに役立っています。また、化学療法や放射線治療の効果の把握などにも用いられます。

メリット

胃がんの他臓器への浸潤や転移を確認できます。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.