【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

前立腺がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

治療

当院で行なっている主な治療法

手術

腹腔鏡下前立腺全摘除術

保険適応

恥骨後式前立腺全摘除術

保険適応

補助療法

ホルモン療法(内分泌療法)

保険適応

化学療法

保険適応

放射線治療

保険適応

使用ガイドライン

日本泌尿器科学会、NCCN

ステージ別、治療方法の選択基準

前立腺がん進行度別治療法の適応

各治療の説明

治療法

主な特徴と適応

主な副作用

腹腔鏡下前立腺全摘除術

術後回復が早い

手術時間がやや長い

傷が小さい

尿漏れ

出血量がすくない

勃起障害など

限局性がんでは、当院の第一選択

 

恥骨後式前立腺全摘除術

手術時間が早い

尿漏れ

癒着が強い場合は開腹がよい

勃起障害など

放射線療法

身体的な負担が少ない

排尿時痛、排便困難

年齢を問わず治療が行える

尿道狭窄

根治的治療の他に、症状緩和を目的に使われることもある

勃起障害など

ホルモン療法(内分泌療法)

前立腺がんの進行を抑える治療法

性機能障害

進行期の患者さまが中心

筋力低下

手術や放射線療法との併用

腹部脂肪の増加など


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.