【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

前立腺がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

概要(治療の現状と今後の方向性)

がん疾患名

前立腺がん

主診療科

泌尿器科

関係する診療科
<連携診療科>

診療科名

連携内容

目的

腫瘍内科

化学療法

併用によるがん治療

放射線科

放射線療法

併用によるがん治療

病理診断科

病理診断

病理診断

疼痛・緩和ケア科

緩和治療

身体的・精神的苦痛の治療

在宅医療部

在宅医療対応

在宅医療

麻酔科

麻酔

手術時麻酔

関係する
サポート

サポート

連携内容

目的

リハビリ

リハビリ

身体機能の回復のリハビリ

臨床心理士

診療サポート

カウンセリングの実施

栄養士

栄養指導

栄養管理指導

薬剤師

医薬品の調剤・情報提供

調剤・服薬指導及び相談など

NST

栄養摂取

栄養摂取サポート

感染症科

感染症の治療

感染症治療

内科的治療
現状

前立腺がんの治療は(1)外科的治療、(2)放射線療法、(3)ホルモン療法、(4)化学療法などがあります。このうち、(3)ホルモン療法がとてもよく効くがんで、男性ホルモンをがんに近づけない治療が中心となります。ホルモン療法が効かなくなった場合でも、化学療法などが奏功することがあり腫瘍内科と連携し治療を行っています。

今後の展望

ホルモンが効かなくなった前立腺がん(去勢抵抗性前立腺がん)は増加しています。当院ではこのような患者様に最新の治療を提供すべく、新規薬剤を早期に導入実施します。

外科的治療
現状

外科的治療つまり手術療法ですが、当院では腹腔鏡下手術を中心に治療を行います。安全、確実な手術手技を心がけています。腹腔鏡下手術は術後の回復が早く、術後の痛みはかなり軽減できます。

今後の展望

前立腺がん手術の件数は増加しています。勃起神経を温存できる患者様には積極的に温存手術を取り入れています。当院の術後の尿禁制は他施設と比較しても全国有数の治療成績と考えています。手術方法も日々ブラッシュアップし良い治療を提供します。また、当院の手術方法の普及など行って参ります。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.