【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

上咽頭がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • 治療
  • 専門医師

概要

上咽頭がんは台湾や中国南部、シンガポールなどに多く発生する疾患で、国内ではまれです。Epstein-Barr(EB)ウイルスが発がんにかかわっているといわれています。発症は40~70歳台に多いですが、10~30歳台でもみられるため、注意が必要です。

症状

上咽頭は鼻腔のつきあたりに位置しているため、鼻出血や鼻づまりが生じることがあります。また耳管咽頭孔が上咽頭に開口しているため、がんが浸潤すると耳管咽頭孔が閉塞して難聴や耳のつまった感覚が起こります。
上咽頭の上側に頭蓋骨や脳があり、頭蓋骨ががんで破壊され脳神経が障害されると、頭痛や顔面痛(三叉神経症状)、ものが二重にみえる(外転神経症状による複視)といった症状が起こります。
くびのリンパ節にがんが転移してしまうと、くびの腫れ(頸部リンパ節腫脹)を自覚します。上咽頭がんでは、くびのやや後ろ側(後頸三角)のリンパ節に転移することが多いといわれています。
これらの症状はどれか一つだけ起こることもあれば、複数起こることもあります。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.