【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

肺がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

ステージ分類

肺がんのステージ分類は胸部造影CT、FDG-PET、頭部造影MRI等の画像検査からTNM (Tumor-Node-Metastasis) 分類第8版を使用して臨床病期を決めていますが、Nステージに関しては超音波気管支鏡ガイド下針生検(Endobronchial Ultrasound guided Transbronchial Needle Aspiration; EBUS-TBNA)を積極的に行い正確な臨床病期を決定した上で方針決定に役立てています。

非小細胞肺がんの病期分類
原発腫瘍(T)

Tis

上皮内がん

T1mi

微小浸潤性腺がん

T1a

腫瘍の最大径≦1㎝

がん浸潤が葉気管支より中枢に及ばない

T1b

1cm<腫瘍の最大径≦2㎝

がん浸潤が葉気管支より中枢に及ばない

T1c

2cm<腫瘍の最大径≦3㎝

がん浸潤が葉気管支より中枢に及ばない

T2a

3cm<腫瘍の最大径≦4cm

もしくは下記のいずれかを伴う

①主気管支に浸潤が及ぶが、腫瘍の中枢側が気管分岐部には及ばない

②臓側胸膜に浸潤する腫瘍

③随伴する無気肺または閉塞性肺炎が肺門領域まで達し、片肺の部分または全体に及んでいる

T2b

4cm<腫瘍の最大径≦5cm

もしくはT2aの①-③を伴う

T3

5cm<腫瘍の最大径≦7cm または次のいずれかに直接浸潤する腫瘍;胸壁、壁側胸膜、横隔神経、縦隔胸膜、心膜;または原発巣と同一肺葉内に不連続な副腫瘍結節

T4

充実成分径が7cm超 または次のいずれかに浸潤する腫瘍;横隔膜、縦隔、心臓、大血管、気管、反回神経、食道、椎体、気管分岐部;または原発巣と同側の異なる肺葉内の副腫瘍結節

所属リンパ節転移(N)

N0

所属リンパ節転移なし

N1

同側の気管支周囲、同側の肺門・肺内リンパ節への転移

N2

同側縦隔リンパ節、下気管支分岐部リンパ節への転移

N3

対側縦隔、対側肺門、同側あるいは対側の前斜角筋、鎖骨上窩リンパ節への転移

遠隔転移(M)

M0

遠隔転移なし

M1a

対側肺内の副腫瘍結節;胸膜または心膜の結節、悪性胸水、悪性心嚢水がある

M1b

肺以外の一臓器への単発遠隔転移がある

M1c 肺以外の一臓器または多臓器への多発遠隔転移あり

非小細胞がんの病期分類

小細胞肺がんの病期分類

限局期

腫瘍が同一胸郭内に存在し、同側肺門リンパ節、両側縦隔リンパ節、両側鎖骨上窩リンパ節に限局している場合

進展期

限局型を超えて腫瘍が存在する場合


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.