【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

肝がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

概要(治療の現状と今後の方向性)

がん疾患名

肝がん(肝細胞がん) ※転移性肝がんについては原発病巣の各科で対応

主診療科

消化器内科

関係する診療科
<連携診療科>

診療科名

連携内容

目的

消化器外科

切除手術

切除手術・肝臓移植時

放射線科

診断・治療

血管造影による診断・治療ならびに放射線治療

病理科

病理検査

病理診断

緩和ケア科

緩和サポート

身体的苦痛・精神的苦痛等のケア

地域医療支援部

在宅医療対応

在宅医療・在宅看護の実施在宅

関係する
サポート

サポート

連携内容

目的

臨床心理士

診療サポート

カウンセリングの実施

栄養士

栄養指導

栄養管理指導

薬剤師

薬品の供給

薬品の調合・供給

内科的治療
現状

肝がんには、肝臓を構成する細胞からできる原発性肝がんと、肝臓以外の臓器にできたがんが転移してできる転移性肝がんがあります。原発性肝がんの種類は、発症する細胞から、①肝細胞がん、②肝内胆管がん、③その他のがんに大別されます。中でも①の肝細胞がんが95%を占め最も多いので一般的に肝がんという場合、肝細胞がんのことを意味します。
肝細胞がんの大きな成因は、C型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルスの感染です。最近では脂肪肝からの発がんも増えてきています。ウイルスの感染や脂肪肝により発症する慢性肝炎や、肝硬変が肝細胞がんを引き起こします。肝細胞がんは通常多発する傾向があるので、予後及び次の再発に備えいかに肝臓を温存できるかが鍵となってきます。そこで、亀田メディカルセンターでは、患者さまの肝臓をいかに温存したまま治療を進めるかに重点をおき、治療を行っています。

今後の展望

肝がんは進行すると肝全体に拡がり、最終的には肝不全状態になります。肝臓は沈黙の臓器といわれるだけあり、病気がかなり進行した状態でも元気でいられるという反面、黄疸や腹水が出、自覚症状が現れるころには、危険な状況に落ちいっていることが多々あります。また、根治治療が行なわれても高率で再発してしまいます。このことから肝がんの治療と再発予防には、早期発見が非常に重要です。早期発見に有効なのは、何と言ってもスクリーニング(定期検診)です。当院では、ウイルス感染者いわゆる予備群、及び術後の患者さまに対し、更なる確実なフォローができるよう力を注いでいきたいと考えています。

当院をご利用の患者さま

肝がんに関する疾患の窓口は消化器内科で行なっています。診断の結果、治療の適応を判断し、必要によって消化器外科へ対応を依頼する流れとなっています。

外科的治療
現状

当院の外科は一般・消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、小児外科が一つの大きなチームとして活動しています。外科適応となった消化器系がんの治療は、一般・消化器外科の対応となり、その治療にあたっては経験豊富なスタッフが連携をはかりながら治療を進めています。もちろん肝胆膵についても当科の対象となり同様に対応することができます。肝がんの治療につきましては、消化器内科と連携して、手術的治療と非手術的治療を合理的に選択しています。手術適応となる患者さまの中では、数は少ないのですが、条件によって腹腔鏡手術の適応となる場合もあります。他の消化器疾患と同様、患者さまのがんの進行度・肝機能障害度により、従来からの開腹手術と腹腔鏡手術を合理的に組み合わせ手術を行います。

今後の展望

引き続き従来からの開腹手術と患者さまの負担を大いに軽減できる腹腔鏡下手術を併用し、患者さまに根治性が高くて、かつ低侵襲な手術を開発・提供していきたいと考えています。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.