【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

肝がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

検査・診断

肝がん(肝細胞がん)の診断から治療まで

当院での腫瘍の確認には、超音波検査(エコー)と腫瘍マーカーによる診断を行います。超音波検査の利点は、患者さまに負担をかけず簡単に確認できる利便性です。しかし、超音波検査だけでは見落としの可能性もあり、補助的に腫瘍マーカー測定を行います。
超音波検査で病変を確認した場合、あるいは腫瘍マーカーでの数値上昇が確認された場合は、さらに詳しく診断する為に肝臓全体をくまなく調べることができるdynamic CT / dynamic MRIを用いて確認します。この検査により、病変の確定診断、臓器全体の腫瘍の数や大きさ・部位等を正確に把握することができます。

肝がん(肝細胞がん)の診断から治療まで

CT/MRIで映し出された画像で確定されれば、すぐに治療。疑いありと診断された場合には精密検査を実施という流れになっています。

1.画像診断

腫瘍の見つけ出し診断は主として超音波検査(エコー)によって行なわれます。
超音波機器を皮膚の上から当てることにより、肝臓の断画像を写し出します。

メリット

検査に伴う痛みは無し。
手軽に検査を行なうことができます。

デメリット

肝硬変が高度になると小病変が摘出しにくい。
肝臓全体を抽出することができない。
※このような場合は適宜CTやMRIを行います。

2.血液検査

血液検査には、肝がん特有の腫瘍マーカーを使用します。
腫瘍マーカーとは、癌の進行とともに血中増加する物質のことです。
健康な人の中にも存在します。主に血液中に存在し、抗体を使用することにより検出することができます。
腫瘍マーカーの数値が明らかな高値の場合にはと癌が進行していることを示します。

メリット

再発の有無や画像診断では摘出しにくい場合でも存在を示唆することができます。

※結果は次回、受診時になります。

肝がんに使用される腫瘍マーカー

AFP     (α-フェトプロテイン)
AFP-L 3%  (AFPレクチン分画)
PIVKA-Ⅱ

3.dynamicCTやdynamicMRI造影超音波の活用

超音波検査で評価が困難な肝硬変症例等の場合には適宜dynamicCTやdynamicMRI造影超音波による検査を行います。
dynamicCTやdynamicMRI造影超音波とは通常のCT/MRIと違い、腫瘍の血行動態により確定診断が可能です。また、正常組織との区別が非常に高く病変を確認するのに適しております。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.