【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

上咽頭がん

  • 概要
  • 専門医師

下咽頭がんとは

図に示されているように、咽頭は上下に長い器官で上・中・下に分かれており、最も下方の下咽頭は喉頭の真後ろにあり食べ物はそこを通り食道に流れていきます。

初期の症状はのどの違和感、つかえ感や食べ物がしみる感じなどで風邪症状に似ています。一方進行すると声がれ、嚥下困難、呼吸困難、がんこな痛みなどが出現してきます。さらに、しばしば首のリンパ節に転移してグリが認められるようになります。主な治療法は抗がん剤と放射線を同時に用いる「化学放射線療法」や手術療法ですが、進行した場合には喉頭も一緒に切除して食べ物の通り道をお腹の小腸で作り直す大きな手術が必要となってきます。

下咽頭がんとアルコール

下咽頭がんの主な原因は大量飲酒と喫煙ですが、酒を飲む人の体質が発がんに大きく関わっていることが最近の研究で明らかになってきました。酒を飲むとアルコールは肝臓でアセトアルデヒドという有害な発がん物質に変わります。しかし、多くの人ではこのアセトアルデヒドは短時間の内に分解されて無害な物質となるので、危険性はそれほどありません。しかし、アセトアルデヒドを無害な物質に分解する働きが体質的に弱い人がいます。その場合いつまでもアセトアルデヒドが体内に残り、下咽頭がんや食道がんを引き起こしやすくします。そういった人たちは元来酒に弱く飲むとすぐ赤くなる体質を持っているので、無理して飲まなければ問題ないのですが、仕事のつきあいなどのためがんばって鍛えて酒が飲めるようになると危険なことになります。発がん物質のアセトアルデヒドがいつまでも体内に残りがんを誘発しやすくなるのです。こういったタイプは日本人の40%にみられると言われています。飲むとすぐ顔が赤くなる人はお酒を控えることをお勧めします。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.