【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

大腸がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

検査・診断

検査・診断

1.診断
直腸指診検査

肛門から直腸内に指を挿入し、直腸内の腫瘍(ポリープや癌)を検索します。これにより直腸癌が見つかることも少なくありません。

大腸内視鏡検査

下剤により大腸の中を洗浄し、肛門から内視鏡を大腸内に挿入し、大腸の粘膜面を観察します。ポリープや癌を直接観察するがことできます。良性悪性の区別や、悪性(がん)の時には深達度の推測も可能です。癌の疑いのある病変から細胞を採取し、診断することができます。ポリープや早期癌を切除することもできます。

亀田メディカルセンター 検査方法 内視鏡検査 新しいウィンドウで開きます

2.精密検査
胸部X線検査

肺は肝臓のつぎに大腸癌の血行性転移の起こりやすい臓器です。
肺転移の有無を調べます。

腹部超音波検査

大腸癌と周囲の臓器との位置関係、肝転移やリンパ節転移の有無を調べます。

亀田メディカルセンター 検査方法 超音波検査 新しいウィンドウで開きます

CT(およびCTC)

大腸癌と周囲の臓器との位置関係、肝転移やリンパ節転移の有無を調べます。
CTC(CT大腸造影)と血管造影の構築。CT検査に二酸化炭素による造影権和を組み合わせる事により、より立体的な人体構築ができ手術にも応用できます。

MRI

大腸癌と周囲の臓器との位置関係、肝転移やリンパ節転移の有無を調べます。
特に直腸癌では、周囲への癌の広がりを詳細に調べることができます。

大腸超音波内視鏡検査

特に下部直腸がんに関しては、深達度を診断する検査です。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.