【患者さま、患者さまのご家族へ】がん疾患から探す

このページを印刷

乳がん

  • 概要
  • 検査・診断
  • ステージ分類
  • 治療
  • 再発の予防
  • 専門医師
  • 治療実績
  • FAQ

検査・診断

当院おける乳がんの診断については、画像診断と生検にて行なっております。
画像診断では主流であるマンモグラフィーと超音波を活用しますが、乳房MRIを活用した診断も積極的に行なっております。
また、生検には主にマンモトームを使用します。

がんの診断から治療まで

1.診断

当院での腫瘍の確認には超音波(エコー)とマンモグラフィーによる画像診断を使用します。初めの診断結果は、その後の治療方針に大きな影響を与えます。
その為、大きさや部位等を正確に特定することはとても重要なことです。
マンモグラフィー(乳房X線撮影)はX線吸収の差を利用してがん細胞との見分けをします。乳房でのX線吸収の違いは、脂肪・乳腺実質・石灰化の3つに大きく分けられますが、乳癌は乳腺実質と極めて近い吸収を示すので、その同定には微妙な濃度差を区別する能力が必要となります。当院では、乳腺科の医師全員がマンモグラフィー読影資格認定医(A判定医師多数含む)の有資格者であり、マンモグラフィー検診施設・画像評価認定施設をはじめ、各種施設認定を取得しているので、より正確な診断をくだすことができます。
また、乳腺MRIは任意の方向で断層画像を撮影することができます。そのため、他の検査で判定が難しい場合や、がんの広がりを調べる場合に有効であることから積極的に活用しています。

2.精密検査

マンモトーム/エンコア生検

診断の確定(良性・悪性腫瘍の判断等)には、主にマンモトーム/エンコア生検を行います。
生検とは、体内にできた疑わしい組織の一部をとり病理組織診断を行なうものです。従来は、直接乳房の皮膚を切開して行なう外科的生検が主流でしたが、当院では、針を乳房内に刺して行なう針生検(マンモトーム)で行っております。
マンモトーム/エンコア生検では、傷跡を最小限にとどめ、患者さまの負担を軽減することができます。
当院では4台のマンモトームを保有して検査を行なっております。

マンモトーム/エンコア生検の特徴
・傷跡は5mm以下の小さな傷です。
・所要時間30分程度。
・1回の刺入で確実な診断ができます。

[乳房生検比較]

 

マンモトーム/エンコア生検

外科的生検

傷跡

0.3~0.4cm

3cm程度

縫合

不要

必要

痛み

ほとんどなし

場合によりあり

変形

無し

場合によりあり

入院

不要

場合により必要

[当院におけるマンモトーム/エンコアの種類]
腫瘍を見つけた検査方法に応じてマンモトームを使い分けております。

1.超音波(エコー)ガイド下のマンモトーム/エンコア
   一般的なマンモトームの生検方法です。施行件数は国内有数の実績を誇ります。
2.ステレオガイド下マンモトーム/エンコア
   マンモグラフィで発見した病巣に対して行ないます。
3.MRIガイド下マンモトーム/エンコア
   乳房MRIは精密な画像を確認することができ、マンモグラフィーや超音波(エコー)より正確に病巣を捉えることができます。日本で初めて施行しました。

PET-CT検査

1cmレベルでがん組織を確認できる検査です。より正確な診断を行うために、当院では1台でPET とCT両方の機能を併せ持つPET-CTを2機導入しております。PET-CTでは、乳がん病巣の存在だけではなく、位置や形態を掴むと同時に体内の様子を撮影することができるため、がんの正確な位置や大きさ、状態の把握が可能です。また、従来のPETよりも放射能投与が少なく約半分の時間で検査が終わるため、患者さまへの負担が少ないことも大きな特徴です。当院では原発巣の検出、転移や再発の診断にPET-CTを使用し検査を行なっております。

メリット

・1回の検査で全身を検査することができます。
・転移や再発の診断に有効です。
 ※ただし特殊な部位(糖の集積の多い臓器)によっては、確認不可。


Copyright © Kameda Medical Center. All rights reserved.