乳がん
がん疾患について調べる

当院での診療科・サポートのご案内

がん疾患名 乳癌
主診療科 乳腺科

関係する診療科[連携診療科]

診療科 連携内容 目的
腫瘍内科 化学療法 併用によるがん治療
放射線科 放射線療法 併用によるがん治療
臨床病理科 病理診断 確定診断
緩和ケア科 緩和サポート 身体的苦痛・精神的苦痛等のケア
在宅診療科 在宅医療対応 在宅医療・在宅看護の実施
麻酔科 麻酔 手術時麻酔
生殖医療科
(ARTセンター)
妊孕性の検討 化学療法による妊娠に対する影響への対応
乳腺ペイン 疼痛制御 乳がん術後疼痛の軽減

関係するサポート

サポート 連携内容 目的
リハビリ リハビリ 術後の肩関節や浮腫等のリハビリ
臨床心理士 診療サポート カウンセリングの実施
栄養士 栄養指導 栄養管理指導
薬剤師 医薬品の供給・情報提供 服薬指導・副作用の説明
NST 栄養摂取 栄養摂取サポート
遺伝子カウンセラー 遺伝子カウンセリング 適切な遺伝子診療の提供

内科的治療

亀田総合病院における乳癌治療の概要

亀田総合病院では、がんの根治を第一に可能な限り創を最小限にする治療(検査・手術・再建)を行なっています。
乳腺科の医師は、各専門医・認定医は取得者をはじめ、全員がマンモグラフィー読影資格認定医であり、人数・経験ともに豊富なスタッフが揃っているので、画像診断・乳がん検診をはじめ、幅広い乳腺疾患に対応することが可能です。
また、総合病院ならではの他科との連携が可能であるため、多岐にわたる治療や術後のリハビリ、緩和ケア、合併症をお持ちの患者さまへの対応も、充実しているのが大きな特徴といえます。

<当院ご利用の患者さま> 現在、当院乳腺科を受診される患者さまの約半分が房総地域以外からの受診者です。
これは、当院が首都圏にある数ヶ所の連携医療機関と、共有の電子カルテで連携が可能なため、手術を鴨川の亀田総合病院で行い、術後のフォローを亀田京橋クリニックなど自宅付近の連携医療機関で行なうなど、患者さまが安心して受診いただけるシステムが構築されているためです。このことは、患者さまの体力的負担・経済的負担を大いに軽減することがでます。

今後の展望

乳房左右バランスと癌の根治の両立を目指すオンコプラスティックサージェリーや乳房再建にも積極的に取り組んでいます。
外来受診時から癌をキチンと治し、いかにキレイに治すか、その診断、治療の予定を共に考えていきます。
 

検査・診断

がんの診断から治療まで

当院おける乳がんの診断については、画像診断と生検にて行なっております。
画像診断では主流であるマンモグラフィーと超音波を活用しますが、乳房MRIを活用した診断も積極的に行なっております。
また、生検には主にマンモトームを使用します。

検査について

1.診断

当院での腫瘍の確認には超音波(エコー)とマンモグラフィーによる画像診断を使用します。初めの診断結果は、その後の治療方針に大きな影響を与えます。
その為、大きさや部位等を正確に特定することはとても重要なことです。
マンモグラフィー(乳房X線撮影)はX線吸収の差を利用してがん細胞との見分けをします。乳房でのX線吸収の違いは、脂肪・乳腺実質・石灰化の3つに大きく分けられますが、乳癌は乳腺実質と極めて近い吸収を示すので、その同定には微妙な濃度差を区別する能力が必要となります。当院では、乳腺科の医師全員がマンモグラフィー読影資格認定医(A判定医師多数含む)の有資格者であり、マンモグラフィー検診施設・画像評価認定施設をはじめ、各種施設認定を取得しているので、より正確な診断をくだすことができます。
また、乳腺MRIは任意の方向で断層画像を撮影することができます。そのため、他の検査で判定が難しい場合や、がんの広がりを調べる場合に有効であることから積極的に活用しています。

2.精密検査

マンモトーム/エンコア生検

診断の確定(良性・悪性腫瘍の判断等)には、主にマンモトーム/エンコア生検を行います。
生検とは、体内にできた疑わしい組織の一部をとり病理組織診断を行なうものです。従来は、直接乳房の皮膚を切開して行なう外科的生検が主流でしたが、当院では、針を乳房内に刺して行なう針生検(マンモトーム)で行っております。
マンモトーム/エンコア生検では、傷跡を最小限にとどめ、患者さまの負担を軽減することができます。
当院では4台のマンモトームを保有して検査を行なっております。

マンモトーム/エンコア生検の特徴
・傷跡は5mm以下の小さな傷です。
・所要時間30分程度。
・1回の刺入で確実な診断ができます。

[乳房生検比較]

  マンモトーム/エンコア生検 外科的生検
傷跡 0.3~0.4cm 3cm程度
縫合 不要 必要
痛み ほとんどなし 場合によりあり
変形 無し 場合によりあり
入院 不要 場合により必要

[当院におけるマンモトーム/エンコアの種類]
腫瘍を見つけた検査方法に応じてマンモトームを使い分けております。

1.超音波(エコー)ガイド下のマンモトーム/エンコア
一般的なマンモトームの生検方法です。施行件数は国内有数の実績を誇ります。
2.ステレオガイド下マンモトーム/エンコア
マンモグラフィで発見した病巣に対して行ないます。
3.MRIガイド下マンモトーム/エンコア
乳房MRIは精密な画像を確認することができ、マンモグラフィーや超音波(エコー)より正確に病巣を捉えることができます。日本で初めて施行しました。

PET-CT検査

1cmレベルでがん組織を確認できる検査です。より正確な診断を行うために、当院では1台でPET とCT両方の機能を併せ持つPET-CTを2機導入しております。PET-CTでは、乳がん病巣の存在だけではなく、位置や形態を掴むと同時に体内の様子を撮影することができるため、がんの正確な位置や大きさ、状態の把握が可能です。また、従来のPETよりも放射能投与が少なく約半分の時間で検査が終わるため、患者さまへの負担が少ないことも大きな特徴です。当院では原発巣の検出、転移や再発の診断にPET-CTを使用し検査を行なっております。

メリット ・1回の検査で全身を検査することができます。
・転移や再発の診断に有効です。
※ただし特殊な部位(糖の集積の多い臓器)によっては、確認不可。

ステージ分類

当院での乳がんのステージは、しこりの大きさ、リンパ節への転移、他の臓器への転移により下記の基準にて大きく5段階に分類いたします。(ガイドライン「科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン」を使用 )

治療

当院で行っている主な治療法

※あくまでも一般的な治療方法の流れなので個人差はあります。

局所療法 内視鏡手術保険適応
乳房再建保険適応&適応外
外科手術保険適応
放射線治療保険適応
凍結療法保険適応外
リンパ浮腫手術保険適応&適応外
全身療法 化学療法(ホルモン療法含む)薬品により保険適応・適応外あり

使用ガイドライン

「NCCNガイドライン」
「St. Gallen リコメンデーション」
「科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン 日本乳癌学会/編 2016年版」
当院での治療は主に局所治療と全身治療の二つに分けられます。
中でも、局所治療における内視鏡手術を中心に行っています。
内視鏡手術は従来の切除手術に比べがん治療の効果を落とさずに、傷跡を小さく、また患者さまの負担も少なくすることができます。
 

ステージ別 主な手術方法

各治療の説明

1.内視鏡手術(温存療法・全摘出術)

日本発世界初の手術方法で、当院にて行なっている全乳がん治療の8割以上が内視鏡手術です。
皮膚切除がなければ全摘も可能です。

内視鏡を脇の下と、乳輪から挿入し、内視鏡の観察下で切り離した組織を房乳輪切開にて取り出します。
センチネルリンパ節生検も可能です。
ステージⅡ及びⅢにおいては、術前化学療法にて組織を小さくしてから実施する場合もあります。

主な適用病期 ステージ 0,Ⅰ,ⅡA,ⅡB,ⅢA
適用条件 がんが皮膚に接していないこと(皮膚切除が必要ないこと)
治療
スケジュール
外来受診→各種検査→手術入院(7~10日程度)→外来経過観察
治療方法区分 内視鏡手術
メリット 乳房切除に比べ
1.皮膚の違和感の範囲や引きつれ感が少ない。
2.再発率が切除手術と同等もしくはそれ以下である。

2.外科手術

がん組織が皮膚まで広がっている場合やある程度大きくなってしまった場合は、切除手術を施します。切除手術の場合、大きく乳房の形が変わってしまうケースがあります。

乳房温存手術

乳房の形状を温存するために行う手術で、大胸筋や小胸筋を残して、必要に応じてセンチネルリンパ節生検、及び腋窩リンパ節郭清を行う方法です。

主な適用病期 ステージ ⅡA、ⅡB、ⅢA
治療
スケジュール
外来受診→各種検査→手術入院(7~10日程度)→外来経過観察
治療方法区分 手術
乳房全摘出術

乳房の全体を摘出する手術法です。この手術法は非定型乳房切除術とも呼ばれます。必要に応じてセンチネルリンパ節生検及び腋窩リンパ節郭清を行います。

主な適用病期 ステージ ⅡA、ⅡB、ⅢA
治療
スケジュール
外来受診→各種検査→手術入院(10~14日程度)→外来経過観察
治療方法区分 手術
センチネルリンパ節生検

乳がんの一部は腋窩リンパ節を通って全身に広がる性質があります。
従来は術前に腋窩リンパ節転移の有無を正確に診断することが難しかった為、腋窩リンパ節を全て取り除く“腋窩リンパ節郭清”が行われていました。
この場合、高い確立で腕のむくみや腋の感覚異常、術後のリンパ液貯留などの後遺症が見受けられましたが、近年はセンチネルリンパ節と呼ばれるリンパ節を術中に生検することにより、転移の有無を確認できるようになりました。
その結果、不必要なリンパ節郭清を行わずに温存できるので、後遺症に悩む患者さまは減り、QOLの向上につながっています。

治療方法区分 生検

3.放射線治療

通常、他の治療と併用で行なわれ、放射線を照射することによりがん細胞を死滅させます。

実施パターン
化学療法→内視鏡手術→放射線治療
化学療法→放射線治療
切除手術→放射線治療

部位によっては術後に行なうことにより、再発を低減することができます。
乳房温存後の放射線治療として通常、50グレイを照射しています。
当院では、照射量を短期間(16日間44グレイ)で行なうこともあります。アメリカ・カナダで多く実施されている方法です。
通常同じ量の放射線をあてる場合と比べ、短期間での照射の方が皮膚の炎症が軽減することができます。

4.凍結療法(非切除治療)

アメリカでは1990年の後半から行なわれるようになった治療法ですが、日本ではまだ、保険適応ではありません。直径2.7mmの金属製の針とその先端の温度をコントロールする機械を使用し、がん細胞を凍結させ破壊する治療法です。まず、針をしこりに直接差込みます。次にその針先をマイナス160度の極低温まで下げがん細胞を凍結します。その後、常温まで戻し凍った細胞を更に破壊します。この作業を2回繰り返し、がんを破壊死滅させます。治療時間は大きさによってことなりますが、手術自体は、おおよそ40分程度です。凍結療法は切除手術に比べ、体への負担が少なく痛みがないのが特長です。凍結により死んだ細胞は時間がたつと吸収されて消失します。

適応範囲 保険適応外治療に同意していただいた方
がん組織の直径が1.5cm以下(良性腫瘍の方にも適用)
その他、医師が安全にできると判断した場合
メリット 切除傷がほぼ残らない(3㎜程度)
痛みが少ない
日帰りで手術が可能である
デメリット 実験的な治療の為データが少ない
非浸潤がんの方:自費診療(日帰り) 38万5000円(税込)
※1週間入院の保険適用乳がん手術の自己負担額とほぼ同額

※凍結療法を行う前に、必ずセンチネルリンパ節生検を受けてリンパ節に転移がないかを調べます。
 検査には2泊3日の入院が必要となります。
 浸潤がんで前哨リンパ節生検が必要な方:自費診療(2泊3日) 合計約69万円~約71万円(税込)※部屋の種類によって異なります。

※日本の健康保険にご加入のない方は、治療費用は異なります。こちらをご参照ください。

5.化学療法(ホルモン療法含む)

【化学療法】
化学療法とは、抗がん剤を使用する治療方法です。
術前・術後の補助療法として行われる場合と、進行・再発の治療に行われる場合があります。
通常、いくつかの薬を併用し、定期的なサイクル投与します。投与と休止期で1サイクル(クール)となりますが、何サイクル行なうかについては投与する抗がん剤や患者さまの状態によります。術前に行なう化学療法は、腫瘍を小さくする効果があるので、乳房温存術を向上させるために行なわれるケースが増えています。

  商品名 一般名 特徴
経口(内服) エンドキサンP シクロフォスファミド 「クラシカルCMF」、「CAF+フルツロン」という治療法に使用されます。2週間服用し、その後2週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制です。
ゼローダ カペシタビン 単独で使用したり「カペシタビン+PTX」という治療法に使用されたりします。
主な副作用は骨髄抑制、下痢、口内炎、手足症候群です。
フルツロン ドキシフルリジン 「クラシカルCMF」、「CAF+フルツロン」という治療法に使用されます。2週間服用し、その後2週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制と下痢、口内炎です。
タイケルブ ラパチニブ カペシタビン又はアロマターゼ阻害薬と併用します。
主な副作用は下痢と皮膚障害です。
TS1 デガフール/ギメラシル/オテラシルカリウム 単独で使用されます。4週間服用し、2週間休薬する治療方法や、2週間服用し、1週間休薬する治療方法があります。
主な副作用は骨髄抑制と下痢、口内炎です。
静脈注射
(注射)
5-FU フルオロウラシル 「FEC」、「CAF+フルツロン」という治療法に使用されます。1週毎に2回点滴し、2週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制と下痢、口内炎です。
アバスチン ベバシズマブ 「Bev+PTX」という治療法に使用されます。
2週毎に点滴します。
主な副作用は高血圧、タンパク尿です。
アブラキサン パクリタキセル(アルブミン懸濁型) 1週毎に3回点滴し1週休薬する治療法、3週毎に点滴する治療法があります。
主な副作用は骨髄抑制と脱毛、末梢神経障害といって、手足にしびれがみられます。
イリノテカン イリノテカン 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。1週間毎に3回点滴し、その後2週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制と下痢、脱毛、悪心嘔吐です。
エピルビシン エピルビシン 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。「FEC」、「EC」、「AC」、「CAF」という治療法に使用されます。3週毎に点滴します。
主な副作用は骨髄抑制と下痢、口内炎、悪心嘔吐です。
エンドキサン シクロフォスファミド 「FEC」、「q3wTC」、「AC」、「EC」、「CAF」という治療法に使用されます。3週毎に点滴します。
主な副作用は骨髄抑制です。
カルボプラチン カルボプラチン 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。「TCH」、「CBDCA+GEM」という治療法に使用されます。
主な副作用は骨髄抑制、悪心嘔吐です。
カドサイラ トラスツズマブ エムタンシン 3週毎に点滴する治療法があります。
主な副作用はインフュージョンリアクションといって点滴してから24時間以内(通常は点滴開始直後や点滴中)に起こる発熱や悪寒といった症状があります。その他に血小板数減少、肝障害が見られます。
ゲムシタビン ゲムシタビン 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。単独で使用する場合は1週間毎に2回点滴し、その後1週間休薬します。また、「GT」、「CBDCA+GEM」という治療法に使用されます。
主な副作用は骨髄抑制(主に血小板数の減少)と血管痛です。
ドセタキセル ドセタキセル 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。単独で使用したり「q3wTC」、「TCH」という治療法に使用されたりします。1週間毎に3回点滴し1週休薬する治療法と、3週毎に点滴する治療法があります。
主な副作用は骨髄抑制と脱毛、末梢神経障害といって手足にしびれがみられます。
テラルビシン ピラルビシン 「CAF+フルツロン」という治療法に使用されます。1週毎に2回点滴し、2週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制です。
ドキソルビシン ドキソルビシン 「AC」、「CAF」という治療法に使用されます。3週毎に点滴します。
主な副作用は骨髄抑制と脱毛、口内炎、悪心嘔吐です。
ハーセプチン トラスツズマブ 毎週もしくは3週毎に点滴する治療法があります。また、「TCH」という治療法に使用されます。他の薬剤と併用して使用します。
主な副作用はインフュージョンリアクションといって、点滴してから24時間以内(通常は点滴開始直後や点滴中)に起こる発熱や悪寒といった症状があります。
パージェタ ペルツズマブ 3週毎に点滴する治療法があります。また、「Per+Her+anychemo」という治療法に使用されます。他の薬剤と併用して使用します。
主な副作用はインフュージョンリアクションといって、点滴してから24時間以内(通常は点滴開始直後や点滴中)に起こる発熱や悪寒といった症状があります。
パクリタキセル パクリタキセル 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。
1週間毎に12回点滴する治療法、1週毎に3回点滴し1週休薬する治療法、3週毎に点滴する治療法があります。また、「カペシタビン +PTX」、「GT」、「Bev+PTX」という治療法に使用されます。
主な副作用は骨髄抑制と脱毛、末梢神経障害といって、手足にしびれがみられます。
ハラヴェン エリブリン 1週毎に2回点滴し、その後1週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制です。
ビノレルビン ビノレルビン 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。1週毎に2回点滴し、その後1週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制と静脈炎です。
メソトレキセート メトトレキサート 「クラシカルCMF」という治療法に使用されます。1週毎に2回点滴し、その後2週間休薬します。
主な副作用は骨髄抑制です。

【内分泌療法(ホルモン療法)】
乳がんの約8割は女性ホルモンによって増殖が促されます。
内分泌療法とは、乳がんを増殖させる女性ホルモンを抑制する目的で行う治療で、卵巣、副腎、脳下垂体などから出るホルモンを抑えることにより、直接的・間接的に女性ホルモンを制御します。 術後の治療として、あるいは進行・再発乳がんに対する治療として使用されます。
閉経状態かどうかによっても使用する薬剤が異なることがあります。
術後に再発予防として行う内分泌療法は5年間から最近では10年間続けることが勧められるケースがあります。

  商品名 一般名 特徴
経口(内服) アナストロゾール アナストロゾール 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。1日1回毎日服用します。
主な副作用はほてり、頭痛、悪心です。
アロマシン エキセメスタン 1日1回毎日服用します。
主な副作用はほてり、頭痛、悪心です。
レトロゾール レトロゾール 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。1日1回毎日服用します。
主な副作用はほてり、頭痛、悪心です。
タモキシフェン タモキシフェン 当院ではジェネリック医薬品を使用しています。1日1回もしくは2回毎日服用します。
主な副作用は悪心、食欲不振です。
フェアストン トレミフェン 1日1回毎日服用します。
主な副作用は悪心、食欲不振です。
ヒスロンH メドロキシプ
ロゲステロン
1日3回毎日服用します。
主な副作用は体重増加、満月様顔貌です。
皮下注射
(注射)
ゾラデックス ゴセレリン 4週毎もしくは3ヶ月毎に皮下注射します。
主な副作用は骨の痛みや顔面紅潮です。
フェソロデックス フルベストラント 4週毎に皮下注射します。
リュープリン リュープロレリン 4週毎、3ヶ月毎もしくは6ヶ月毎に皮下注射します。
主な副作用は骨の痛みや顔面紅潮です。

当院では、副作用によって発生する患者さまのQOL(生活の質)低下をサポートするために心のケア(臨床心理士)・緩和ケア・ウイッグ・サポート下着などの相談窓口を設置しております。

6.乳がん術後続発性リンパ浮腫の外科治療

乳がんの治療では上記のように様々な治療法が行われますが、ある一定の確率で「リンパ浮腫」という上肢のむくみを引き起こすことが分かっています。
近年、がん術後のリンパ浮腫は、早期診断・早期治療でこれまで通りの普段の生活を継続することができることがわかってきています。また、リンパ浮腫になり時間が経った方でも、これまでの圧迫療法などの治療に外科治療を取り入れることで症状の軽減や日常生活のQOLの向上が期待できます。

対象 乳がん術後で手や腕にむくみが出ている方
乳がん手術でわき(腋窩)リンパ節郭清術を行った方
乳がんの治療後で腕にしびれやだるさ、蜂窩織炎(腕が赤くなって 熱っぽくなる)を経験したことがある方
治療
スケジュール
外来受診→各種検査→手術入院(2-7日程度)→外来経過観察
※検査の結果によっては、外科治療の適応外の場合もあります
メリット 創は小さく(3cm程度)ほぼ目立たない
痛みは少ない
2-3日程度の入院で治療可能なため、社会復帰が早い
デメリット 重傷度が高くリンパ管の残存機能が低い場合、手術の効果は限定的

当院のリンパ浮腫外来でのリンパ浮腫の治療について動画でご紹介いたします。

亀田総合病院 リンパ浮腫外来

再発の予防

術後経過観察も行なっています。
術後のフォローにつきましては外来で行なっております。

主な術後経過観察年数と外来受診頻度

※あくまでも目安であり、個人差があります。

  術後経過年数
  1年 2年 3年
実施項目 3 6 9 12 3 6 9 12 3 6 9 12
診察
胸部X線
CT            
MRI                  
PET-CT(必要に応じて)                        
腫瘍マーカー(血液検査)

共有カルテを使用し情報連携をしている医療機関では術後のフォローを受けることができます。

乳腺科連携医療機関

東京

中央区 亀田京橋クリニック

墨田区 サンクリニック

三鷹市 ※三鷹第一クリニック

八王子市 ※八王子乳腺クリニック

千葉

千葉市 亀田総合病院付属幕張クリニック(女性検診センター)

木更津市 木更津乳腺クリニックさか本

神奈川

川崎市 ※渡辺内科外科クリニック

愛知県

安城市 ※三河乳がんクリニック

注)・・・※印の医療機関は電子カルテによる連携は対応しておりません

その他のサポート

1.亀田総合病院アイビー千葉(乳がんの患者会)院内に相談室あり。
月2回相談会実施
再発の会も月1回開催
2.Kタワー内に女性専用入院フロアあり。
3.サポート下着 ウィッグ相談窓口あり。
4.亀田京橋サロン(アイビー千葉、くまがやピンクリボンの会、KSHSによる患者会) 亀田京橋クリニック応接室にて月2回(第1、4火曜日)開催

専門医師

乳腺科

福間 英祐

医師 乳腺科 主任部長

福間 英祐 (ふくま えいすけ)
FUKUMA Eisuke

日本外科学会認定医・専門医・指導医、 日本乳癌学会認定医・専門医・指導医、 マンモグラフィー精度管理委員会 読影資格:A判定、 マンモグラフィー読影資格認定医、 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会顧問、 日本低温医学会理事、 国際低温医学会理事、 Mahidol大学及び香港大学客員教授

医師の詳細はこちら
黒住 昌史

医師 乳腺科乳腺病理部長、臨床病理科部長(乳腺病理担当)兼務

黒住 昌史 (くろずみ まさふみ)
KUROZUMI Masafumi

日本病理学会認定病理専門医、 日本臨床細胞学会認定細胞診専門医、 日本臨床検査医学会認定臨床検査専門医

医師の詳細はこちら
越田 佳朋

医師 乳腺科 部長

越田 佳朋 (こしだ よしとも)
KOSHIDA Yoshitomo

医学博士、 日本外科学会専門医、 検診マンモグラフィー読影認定医(A判定)、 日本がん治療認定医機構がん治療認定医、 日本乳癌学会乳腺専門医・乳腺指導医、 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建エキスパンダー/インプラント責任医師、 日本医師会認定産業医

医師の詳細はこちら
淺野 裕子

医師 乳腺科 部長(乳房再建担当)

淺野 裕子 (あさの ゆうこ)
ASANO Yuko

日本形成外科学会専門医・皮膚腫瘍外科分野指導専門医、 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会理事 、 乳房再建エキスパンダー/インプラント責任医師、 検診マンモグラフィ読影認定医、 臨床修練指導医、 臨床研修指導医講習修了、 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了、 日本形成外科学会女性評議員

医師の詳細はこちら
角田 ゆう子

医師 乳腺科 医長

角田 ゆう子 (つのだ ゆうこ)
TSUNODA Yuko

日本外科学会専門医・指導医、 日本乳癌学会乳腺専門医・指導医、 検診マンモグラフィ読影認定医、 日本臨床外科学会評議員、 厚生労働省「緩和ケア研修会」修了、 厚生労働省指定オンライン診療研修修了、 医学博士

医師の詳細はこちら
林 明辰

医師 乳腺科 医長 / リンパ浮腫センター センター長

林 明辰 (はやし あきたつ)
HAYASHI Akitatsu

日本形成外科学会専門医

医師の詳細はこちら
坂本 正明

医師 乳腺科顧問/非常勤

坂本 正明 (さかもと まさあき)
SAKAMOTO Masaaki

医学博士、 日本外科学会専門医、 検診マンモグラフィー読影認定医(AS判定)、 日本乳癌学会認定医・乳腺専門医・乳腺指導医

医師の詳細はこちら
町田 洋一

医師 亀田総合病院 放射線科部長・画像診断センター長/亀田京橋クリニック診療部部長(放射線科担当)兼務

町田 洋一 (まちだ よういち)
MACHIDA Youichi

日本医学放射線学会放射線診断専門医・研修指導者、 検診マンモグラフィ読影認定(ASランク)、 日本乳癌学会乳腺専門医・指導医、 ACLSプロバイダー、 厚生労働省指定オンライン診療研修修了

医師の詳細はこちら

腫瘍内科

大山 優

医師 腫瘍内科 部長

大山 優 (おおやま ゆう)
OYAMA Yu

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、 米国腫瘍内科専門医、 米国血液科専門医、 日本臨床腫瘍学会暫定指導医、 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、 日本臨床肉腫学会理事、 日本サルコーマ治療研究学会評議員

医師の詳細はこちら

放射線科

庄司 一寅

医師 放射線科 部長・放射線治療センター長

庄司 一寅 (しょうじ かずふさ)
SHOJI Kazufusa

日本放射線腫瘍学会、日本医学放射線学会 放射線治療専門医、 厚生労働省指定オンライン診療研修修了

医師の詳細はこちら

治療実績

治療実績(対象期間:2018年4月~2019年3月)

※患者数は検査入院除く
※手術件数は1患者に対する複数回手術もカウントしている

男女別入院患者数

男性 2人
女性 736人
738人

男女別患者割合

手術件数

手術の種類 件数
乳房温存術
乳房切除術
257
260
※内視鏡率 約44.7%
再建手術(豊胸含む) 168
クライオ(凍結療法) 65
脂肪注入 30
その他 35

化学療法

外来 1939件
入院 184件

放射線療法

外来 2541件
入院 38件

5大がん診療実績から見た乳がん患者数

乳がん患者数 738件
その他の患者数 1012件

5大がん診療実績から見た乳がん患者数割合

年齢別入院患者数推移

男性
0〜9歳 0
10〜19歳 0
20〜29歳 0
30〜39歳 0
40〜49歳 0
50〜59歳 1
60〜69歳 0
70〜79歳 1
80〜89歳 0
90歳以上 0
合計 2
女性
0〜9歳 0
10〜19歳 0
20〜29歳 1
30〜39歳 54
40〜49歳 190
50〜59歳 209
60〜69歳 147
70〜79歳 107
80〜89歳 26
90歳以上 2
合計 736

FAQ

Q他院で乳がんと診断されました。亀田総合病院で温存療法を施行できますか?
A

患者さまのお体を診せて頂かないと可能かどうかは申し上げられません。外来をご受診いただきますよう願います。
その際、必要に応じて当院で再検査を行なわせていただきます。

Q内視鏡手術を希望しますが、だれにでも適応となるのでしょうか?
A

基本的にはお体の状態を見せて頂かないとご回答できませんが、がん組織が皮膚に接していないことが条件となります。詳細は医師にご相談ください。

Qラジオ波による治療は行なっていますか?
A

当院では行なっておりません。しかし体に負担の少ない凍結療法を行なっております。

凍結療法
Q亀田総合病院での乳がん治療でもっとも多い治療パターンを教えてください。
A

1.マンモグラフィー、エコー、MRIによる画像診断
2.マンモートームでの確定診断
3.内視鏡による乳房温存手術
4.放射線治療器による放射線治療 です。

Q手術後の痛み(疼痛)が続く場合があると聞いて心配なのです。どのような対処方法がありますか?
A

当院では乳がん治療を受けている方へ痛みの治療を行なう乳腺ペイン外来を開設し、乳がんの患者さまの痛みの治療に取組んでおります。詳細は医師にご相談ください。

Q切除手術のあと、浮腫が発生したり、筋肉を切除することによる日常生活への影響が心配です。どのように対応すればよろしいでしょうか?
A

当院では乳腺に特化したリハビリテーションスタッフがおります。
主に術後の痛みによる肩関節機能の低下、リンパ節切除に伴う上肢浮腫のリハビリを行ないます。患者さまの状態に合わせ、理学療法士や作業療法士がプログラムを作成して施行します。術後は補正下着の紹介や家事動作(洗濯物を干す作業や布団を干す作業など)の作業療法も組み込まれ日常生活復帰への支援を行なっております。
また、上肢浮腫にはオイルマッサージやメドマー、弾性包帯等を使用し対応しております。

Q医師より乳房全摘が必要であると言われました。女性として今後の生活に大きな不安を抱いております。
A

当院では乳がん患者さまと一緒にこころの問題に向き合う臨床心理士がおり、患者さまのQOL向上に貢献できるようこころのサポートを行なっております。
臨床心理士とは、カウンセラーやセラピストなど様々に呼ばれている心理学の専門家のうち、臨床心理学を学問的基盤に持つ者のことを言います。必要に応じて、さまざまな臨床心理学的専門技法を用いながらこころの問題に対する援助を行います。

Qセカンドオピニンを受けていと考えているのですが、近隣に受診する施設がなくて困っています。。
A

当院ではセカンドオピニオン外来を開設しております。また、当院で診断を受けてセカンドオピニオンを希望する方の便宜をはかるために月1回、院外から日本乳癌学会認定乳腺専門医を招請して乳がんのセカンドオピニオン特殊外来を開設しています。希望をされる方は医師にご相談ください。
※乳がんのセカンドオピニオン特殊外来に携わっている医師はあくまでも外部の専門医として診療に携わっております。